洗顔のポイントは泡にあり、上手に肌の上で転がすかが重要

スキンケアの基本は洗顔だと言われています。

 

ニキビがなかなか治らないとか乾燥が気になるなど肌トラブルを抱えているなら、今一度洗顔方法を見直してみませんか。

 

一日過ごした肌というのはとても汚れています。メイクや皮脂だけでなく、排気ガスやほこり、空気中の目に見えない有害物質など、様々なものが付着しています。これをしっかりと取り除いて清潔な肌にして、化粧水などの保湿用品が浸透しやすいようにするのが洗顔の役目です。

 

また、洗顔している時は一番肌が傷つきやすい状態です。水に濡れて角質がはがれやすいですし、洗顔料によって肌を守っている潤い物質が失われやすくなっています。

 

しっかり汚れを落としつつも、肌に与えるダメージを必要最低限にする洗顔をしていく必要があるということを頭に入れておきましょう。

 

まず、洗顔料はしっかりときめ細かな泡を作りましょう。ホイップクリームのような弾力のある泡が理想的です。これにもきちんとした理由があります。

 

細かい泡ほど毛穴の中に入りやすいですから、きめ細かな泡だときれいに洗顔できます。弾力のある泡なら直接指と肌が触れるのを避けることができて、肌への負担を減らすことができます。

 

逆にゆるい泡だと毛穴に入り込めないですし、すぐに肌の上で泡が潰れて、肌と指との間に摩擦が起きてしまいます。

 

洗う時には泡をクッションして洗いましょう。どういうことかというと、きめ細かな泡を肌の上で動かしてあげることで、泡が肌表面の汚れや毛穴の中の汚れをかき出してくれます。いわば、泡が動くことで汚れが落ちるという仕組みです。

 

つまり、洗顔のポイントは泡にあり、いかにきめ細かで弾力のある泡を作れるかと、上手に肌の上で転がすかが重要です。時間をかけて理想的な泡作り、上手に泡で洗う方法を身に付けましょう。

 

肌に負担が加わらず汚れのみをしっかり落とせる洗顔ができるようになれば、スキンケアの効果と肌が本来持っている機能とで、肌がきれいになってきます。"