ニキビ跡が残らないようにするにはスキンケアと生活習慣が重要

ニキビは、きちんとした対応をすることにより完璧に消すことができるものです。

 

しかし、間違った対応をしてしまうことによりニキビが悪化しニキビ跡になってしまいます。これが非常にひどい状態になってしまったのが、クレーターと呼ばれるニキビ跡がでこぼこした状態のことを言います。ニキビができてしまったら、つぶすという対応をしてしまう人がいると思います。つぶした方が早くニキビが治ると言われているのも耳にしたことがあるかと思います。

 

この対応は、白ニキビの状態では決して間違った対応ではありません。白ニキビは赤ニキビや黄ニキビが出来上がる前の状態なので、これを潰してしまってもほぼ大丈夫です。しかし、問題となってくるのは、赤ニキビや黄ニキビをつぶしてしまうことです。これらのニキビを潰してしまうことにより跡が残ってしまうことは珍しいことではありません。

 

ではどうやってニキビができてしまったとき、ニキビ跡が残らないようにするか。それはスキンケアの方法と生活習慣にあります。まず、スキンケアですが、ニキビ歯炎症が起こっているので、絶対に汚いもので触れてはいけません。お風呂で洗顔をする場合には、必ず頭を洗った後にするようにしなければなりません。そうしなければ、一度きれいにした顔に頭の汚れが再びついてしまうからです。

 

さらに、ニキビができたからと言い思い切りこするように顔を洗うのではなく、泡をたっぷり立てて、優しくなでるようにして洗うのがコツです。その次に大事になってくるのが保湿です。こういった対応をしていくことにより、ニキビ跡は残らなくなっていきますし、例え跡が残ってしまったとしても、きれいにすることは可能です。さらに、もう一つ重要になってくるのは生活の質です。

 

食事をバランスよくとり、さらに睡眠もきちんととることが肌を守るために必要な条件です。きちんと洗顔をしていれば、こんなことしなくていいのではないかと思うかもしれませんが、食事と睡眠をきちんととることにより肌にも栄養を与えてあげることにつながるのでこれは非常に大事なことです。ニキビは自分で治せるように見えて、じつは非常に厄介なことになってしまう可能性も十分秘めています。自分で治すことが難しいと思うのであれば、決して無理をせず皮膚科に行くことをお勧めします。