美白にはビタミンCとアントシアニンが豊富なイチゴがおすすめ

色白は七難隠すと言われるように、白い肌はコンプレックスをカバーし美しい印象を与えます。
もともと色白の方もいますが、美白ケアをこまめに行う方も綺麗な色白を実現しています。

 

白い肌を作り上げるために、最もポピュラーなのは美白化粧品を使うこと。
人によって、その効果もそれぞれですよね。

 

なかには数ある美白化粧品を試しても、満足いく効果が得られない方もいるでしょう。
そこでおすすめなのが、体の中から美白ケアを行うことです。

 

今回注目したいのはビタミンCが豊富な「イチゴ」です。
1個9gあたりに含まれるビタミンCは6mgと言われています。

 

1日に17個食べると、1日に必要なビタミンCが補えるほど。
ビタミンCにはシミやそばかすの原因となっている酵素の発生を防ぐ効果があります。

 

イチゴの特徴的な真っ赤な色はポリフェノールの一種「アントシアニン」と呼ばれる成分。
このアントシアニンが美白効果に絶大な効果をもたらしてくれます。

 

紫外線によって生成されるメラニン色素の増殖を抑え、ビタミンCとの相乗効果により白く綺麗な肌へと導きます。
また肌の潤いに大切なコラーゲンを破壊すう活性酸素を除去してくれる作用もあります。

 

美白効果はもちろんシワやたるみ対策にも有効的な果物と言えます。
もう一つ嬉しい成分が「エラグ酸」という成分です。

 

こちらも高い抗酸化作用を持っており、メラニン色素の生成を抑えるだけでなく肌の炎症を鎮める効果があります。
美白作用に用いられている「ハイドロキノン」と並ぶほど美白効果の高い成分だとか。

 

美白ケアに有効的なイチゴと分かれば、毎日食べていきたいですよね。
注意しておきたいのは、鮮度のよいイチゴを食べることです。

 

イチゴの栄養素をたっぷり摂取するためには鮮度が必要不可欠。
傷みやすい果物なため、なるべく鮮度のよいイチゴを選びましょう。

 

どうしても食べきれない場合は「冷凍」がおすすめ。
冷凍したイチゴはそのままミキサーでジュースにもできます。

 

見た目も味も良いイチゴを上手に取り入れ、美白効果を期待しましょう!