便秘は食べ物や飲み物の選択に工夫をすることで改善

便秘は、食べ物や飲み物の選択に工夫をすることで、症状を改善することができます。便秘を予防する上では、水分をしっかり摂取することが必要です。1日に2リットルを目安に水を飲む習慣を付けるとよいでしょう。

 

 

発泡性のある炭酸水

 

水分補給時に、発泡性のある炭酸水を飲むと、より効率よく便通を促すことができます。炭酸によって、胃腸に刺激が与えられるのです。炭酸水は、加糖タイプではなく、無糖の炭酸水を選ぶのがポイントです。そのままでは飲みにくいという場合は、レモン果汁を少し加えると、さっぱりとした爽やかな飲み心地になります。コンビニやスーパーといった身近なお店でも購入できるので、ぜひ便秘対策に炭酸水を活用して下さい。継続して炭酸水をしっかり飲みたいという人には、自宅で炭酸水を作れるマシンの購入を検討するのもよいでしょう。

 

カフェインを含むコーヒー

 

コーヒーに含まれるカフェインには、腸の動きを活性化する働きがあり、自然な便通を促すことができます。便秘に悩まされている人は、朝にコーヒーを飲む習慣をつけるようにすると、朝食後に排便がしやすくなります。便通を促す効果のある成分が含まれる一方で、コーヒーには、便秘の原因ともなりうるタンニンも含まれています。飲み過ぎにならないように、1日に2〜3杯程度を目安に、適度に飲むようにすることが大切です。

 

 

カテキンを含む緑茶

 

 

近年、健康効果の注目されている飲み物のひとつが、緑茶です。緑茶に含まれるカテキンには、殺菌作用があることが古くから知られています。汚れてしまった腸内環境を綺麗にする上で、カテキンが大いに活躍してくれるのです。腸内の悪玉菌を減らし、さらには、善玉菌を増やす働きをするカテキンは、便秘に悩む人にとって、ぜひ積極的に摂取したい成分です。腸内環境が整うと、腸内の働きが正常化し、自然な便通が促されるようになります。カテキンには、便の匂いを消す働きもあるところも、嬉しいポイントです。緑茶は、ペットボトルやティーバッグでも手軽に味わえるので、日常的にしっかり飲む習慣をつけるとよいでしょう。

 

食物繊維の豊富なローズヒップティー

 

美容や健康面から、注目度の高まっているハーブティー。なかでも、美しい水色と洗練された香りを持つローズヒップティーは、女性を中心に人気です。ローズヒップティーには、便秘解消に効果的な水溶性の食物繊維のペクチン、抗酸化作用のあるビタミンCが豊富に含まれています。美肌を目指す人のみならず、便秘の症状を改善したい人にとっても嬉しい効果のあるお茶なのです。