あなたが美肌になるためにやってはいけない3つのこと

女性なら誰しも「美しい肌」に憧れるものです。

 

だけども鏡を見ると・・・頬に出来てしまったシミ、目元の小じわ、ニキビ跡、くすみ、出るのはため息ばかり。
そんなあなたはもしかしたら、肌に対して「してはいけないこと」をしてしまっているのかもしれません。

 

もう二度と肌トラブルに悩まされないために、あなたが美肌になるためにやってはいけない3つのことを紹介いたします。

 

摩擦

 

肌に摩擦を与えてしまうと、さまざまな肌トラブルの原因となります。

 

クレンジングの時、洗顔の時、クリームを塗る時・・・必要以上に肌をこすってしまっていませんか?
化粧水をつける時にコットンでこすりすぎるのもOUTです。

 

クレンジングの時はやさしく指ですべらせるように、洗顔は泡で洗うように、化粧水をつける時は手でつけるようにしてみましょう。
コットンを使う場合は、とにかくこすらないで!肌にやさしく、を心がけましょう。

 

紫外線

 

ちょっとゴミを捨てに行くだけ、ちょっと洗濯物を干すだけ、その「ちょっと」の積み重ねが肌にダメージを与えてしまいます。

 

家の中にいても、車の中にいても、たくさん紫外線を浴びてしまうもの。きちんと日常から紫外線対策しましょう。
SPF値はそこまで高くないものでも構いません。

 

ただ長い時間紫外線を浴びる時は、メイク落としシート等で一旦拭き取って落としてからこまめに日焼け止めを塗りなおしましょう。

 

乾燥

 

肌はとにかく「保湿」することが大切です。目元や頬、口元が乾燥するとかゆみを感じてしまい、知らず知らずのうちに引っ掻いてしまうことも。
そうすると、肌にとって刺激となり肌にかなりのダメージを与えてしまいます。

 

まずはスキンケアで保湿しましょう。あとは、加湿機なども有効です。加湿機がない時は、部屋にタオルを干して寝るのも◎です。

 

これらの全てはすごく簡単なこと、なのですが、「まぁ、いいや」とか「これくらいなら大丈夫だろう」と、ついついやってしまうもの。
でも、少しずつ肌にダメージが蓄積してしまい、大きな肌トラブルへと繋がってしまいます。

 

普段の生活で少しずつ気をつけるようにすれば、肌は変わります。美肌になるために、美肌を保つために常に気をつけましょう!